大亀やすひこブログ

ホーム > 活動レポート

地域社会が学校を支える

2009/11/12

民間会社出身校長の登用や土曜寺子屋、夜スペシャル、よのなか科、地域本部など従来の公教育での既定概念を覆す斬新的な取り組みをしている東京都杉並区立和田中学校を視察いたしました。
車1台がやっと通れる狭い路地を抜け、学校の正門をくぐると、ワープロで印刷された和田中学校という表札を私が迎えてくれた。
教室の表札もすべて手づくり。校舎はかなり老朽化しており、お世辞にもすばらしい環境の整った施設とは言えない。
それに比べ、本市小・中学校の施設の充実ぶりを改めて再確認。
校舎に入ると、何人かの生徒とすれ違う。
こんにちはという元気のいいあいさつ。
先生と生徒の声もいい意味で友達感覚。
風通しがよく、学校全体に明るさ、活気を感じた。
4月に着任したばかりの2代目の民間会社出身校長の代田校長から、1時間にわたり教育改革に臨む熱き思いを伺った。
着任早々でまだ手探り状態のように見受けられたが、教育界に一石を投じ、大きな成果を残した前任校長の藤原氏の取り組みを効果検証し、さらに、生徒の利益を第一に考え、合理的な取り組みと学校経営にスピードの観点を持ち込み、藤原路線を一歩進めた新しいものに取り組むべく、3年間の任期を完全燃焼するという強い意気込みが感じられた。
その後、校舎内の空き教室を事務所として利用し、土曜寺子屋や夜スペシャルなど、次々と新しい取り組みを企画、運営しているいわば和田中の教育改革を支えている地域本部を訪問し、地域本部のスタッフで松山出身の女性から地域本部についての話を伺うことができました。
現在、地域ボランティアの総数は約70人。
図書室や土曜日学校の運営、学校の緑の管理や部活のサポートなどの業務に毎日教員とほぼ同数の地域ボランティアが和田中学を訪れ、子どもたちとは親や教師との縦の関係でもない、友達との横の関係でもない、地域のおじさん、おばさん、お兄さん、お姉さんとの斜めの関係を築いているそうであります。

カテゴリー 活動レポート |

↑ページの上に戻る

松山市議会Were会議録

サイト内検索

事務所アクセス

〒790-0922
愛媛県松山市星岡596-1-202

TEL/FAX 089-956-7647

大きな地図で見る

リンク

松山市松山市観光ガイド松山インフォメーション
カレンダー
2018年12月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
最近の投稿
カテゴリー