大亀やすひこブログ

ホーム > 活動レポート

進取の国 アセアンの優等生“マレーシア”

2009/03/14

議会の海外都市行政視察でマレーシアを訪れた。錫と天然ゴムの国、発展途上国?そんなイメージしかなかった。しかし、クアラルンプール国際空港(KLIA)に降り立ち、自分の目で見たマレーシアは違った。まずは空港施設の設備に驚かされた。4,000m級の滑走路を2本備え、建物と、森林との調和が随所に見られるつくりになっており、マレーシアという国のイメージを打ち出した「森の中の空港」のコンセプトが体感できる。ガイドの説明によると黒川紀章氏が設計に携わり、日本の建設業者が関与しているとのこと。また、クアラルンプール市内は世界で二番目の高さの双子ビル(ペトロナス・ツイン・タワー)がまちのランドマークとしてそびえ、いたるところに近代的な外資系のオフィスビル、ホテル、そして国際級のコンペンション会場が建設され、また王宮、モスク等の伝統的な建築物も随所に見られ、新旧が見事に融合した近代都市であった。
更に驚くべきことは、マハティール前首相の強力なリーダーシップのもと、2020年の先進国入りを目指すとのこと。それを具現化する都市像がサイバージャヤ(電脳都市)とプトラジャヤ(電子政府)である。サイバージャヤはITの研究・開発都市、プトラジャヤはすべてが電子化された電子政府の都市。世界の最先端の技術を結集させ、IT立国を目指そうとするもの。現在、連邦政府のほとんど機能がクアラルンプールからサイバージャヤに移転している。ITの先進都市像を目指しているところは数多く見受けられるが、サイバージャヤの建設の理念である3つの「共生」の考え方には特筆すべきところがあった。1つは人との共生。高い塀を取り除き隣近所で助け合える住環境をつくる。2つは自然との共生。森林の中に住居や企業が配置する。
風通しや周囲との調和を考え、建物も低くし、森林の中で冷暖房が要らないくらいの環境を目指す。3つは技術との共生である。このように、しっかりとした目標、理念を掲げて成長する国がマレーシアである。2020年、先進国の仲間入りをしたその国の姿をもう一度この目で確かめてみたいものである。

カテゴリー 活動レポート |

↑ページの上に戻る

松山市議会Were会議録

サイト内検索

事務所アクセス

〒790-0922
愛媛県松山市星岡596-1-202

TEL/FAX 089-956-7647

大きな地図で見る

リンク

松山市松山市観光ガイド松山インフォメーション
カレンダー
2019年12月
« 2月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
最近の投稿
カテゴリー